タグ:パン ( 5 ) タグの人気記事

ロシアのパン・ピロシキと嬉しいご報告

b0141229_13584230.jpg

世界のパンシリーズ第11弾はロシアのパン、ピロシキです。
え?これ、ピロシキ?って思うでしょう?!
日本で言えばピロシキといえばカレーパンのように揚げたものが一般的だけれど
本場ロシアでは、焼いたものの方がポピュラーだそう。
もちろん、揚げたものもあります。
中身の具も様々で、要するに中に総菜を詰め込んだ総菜パンの総称のよう。
ピロシキは「ピローグ」というロシア語でパイの意味の変形というか
小さく焼いたものを指すらしく、生地もリッチなものがメインだそう。
ちなみに、ピロジュギが複数形で、単数系はピロジョグですって!
卵、牛乳を使った生地を使うことが多く、もちろんパイ生地で作る事もあるそう。
・・・と、いうのはいろんなネットで調べた知識。
今回のピロシキも、テキストでは例によって自家製酵母のシリーズだったので
ほとんど同じ配合で、とてもリーンなものでした。
他のものと「ほとんど同じ」というのは、なぜかこれだけ水分が2%少なかったから。
なぜだろう・・(笑)
でも、そういう訳でやっぱり私は本場のものに近いものが作りたかったので
残念ながらテキストではなくネットで調べたレシピの中からロシア人の紹介のレシピのひとつをチョイスして作りました。

b0141229_1454531.jpg

テキスト通りに作ったのは、トップの成形。
餃子のように包んで、トップの一部はとじないで、開けて具を見せたままにして焼きます。
こちらの、普通に包んだものが本場のものに近いよう。
日本でよく見るカレーパンのような楕円のものもあるけれど、
どちらかというと丸いふつーのものが各家庭で多く作られているとか。
もちろん、これはお好みなんだけど。
テキストのものがなぜトップをオープンにしていたのかは不明です(笑)
先生がたまたまロシアで食べたのがそういう形だったのかな。
それから、中身の具もテキスト通り。
蒸かしてつぶしたじゃがいも、ツナ、豆をマヨで和えた、要するにポテサラみたいなのを詰めたの。
もちろんおいしかった!!イモ好きのジュジュちゃんは中身ばっかり取り出して食べてたくらい(笑)
でも、焼いたパンで中身がツナポテサラダだと、ポテサラパンとしか思えなかった(爆)
勝手なイメージだけど、やっぱりピロシキの王道といえばミンチ系??
もちろんロシアでは「総菜パンの総称」らしいから、ポテサラ入りも立派なピロシキなんだけど、ね。


それから・・・・
報告というのもナンですが、とても嬉しいことがありました。
このたび、どうやら妊娠している模様です。
と、言ってもまだまだめっちゃ初期。
今回は、なぜかかなり早くから「もしかして妊娠してるかも」っていう自覚症状があって
なんだかすごく眠いような、熱っぽいような(熱はない)だるいような感じが続いてて
お腹のへんもなんとなく違和感が(笑)
昨日、「やっぱり検査してみよう!」と、検査薬で試したらやっぱりばっちり陽性。
まだまだ6週くらいの初期も初期、どうなるか分かんないくらいですが
ともかく、二人目が欲しかったので大喜び。
そんな早くに言わなくても、って感じですが、
まわりの友達にはまだ言ってないけど、この嬉しさをどこかに言いたかったんだも〜ん。
産婦人科に行くのはもう少し後にしようと思っていますがとりあえずは妊婦の仲間入り〜〜♪
ちゃんとまた病院にいったら正式発表(なんの?!)しま〜す。


おいしそ〜、って思ったらぽちっ、とクリックしてくださ〜い♪
はげみになります↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ  
ブログランキング ドット ネット
FC2 Blog Ranking*おやつ・スイーツランキング
↑とっても素敵なレシピがたくさん!

[PR]
by fufulife | 2009-10-29 14:27 | おかずパン

トルコのパン・スミット

b0141229_13483051.jpg

世界のパンシリーズ第10弾はトルコのパン、スミットです。
トルコはなんと食料自給率100%だそう。この国のパンもとてもおいしいのだそうでぜひぜひ行ってみたい国のひとつです。
そういえば、私の両親も今まで旅した国の中で
もう一度行ってみたいのはトルコって言ってたなあ・・・
スミットは、リング状にしたパンでこちらのように編んだものやベーグルのようなシンプルなリング状のものなどを棒にひっかけて売っていたりするらしいのです。
ただし、このレシピはテキストのものではありません。
前回イングリッシュマフィンを作った時もテキストのものじゃないレシピで作ったのだけど
今回の理由も同じような理由から。
実は、今回のテキスト、いろんな先生がいろんな国のパンのレシピを紹介してくださっているのだけど自家製酵母を使ってパンを作るレシピを担当している先生のレシピがほとんどどれも同じ配合なのです。
もちろん、ナンとかワッフルとか明らかに違う物に関しては違う配合なんだけど
他のフーガスやイングリッシュマフィン、それにこのスミットなど
まったくおなじ生地から大きさや成形をかえて作るもの。
「世界各国のパンのレシピなのに、まったくおなじ配合ってあるの?」
って疑問に思った私は、ネットやいろんな本をチェックしてそれぞれのパンを調べてみたらマフィン同様、今回のスミットもテキストでは粉、塩と水と元種だけの配合に対し
他のレシピは(10個くらい調べたけど)どれもその他に卵や砂糖、バターなどか入る生地でした。
なので、やっぱり本場のものに近いものが作りたいと、そちらのレシピのひとつをチョイス。
そこで、この、テキストのレシピがほとんど全部おなじ生地なのに対して
講座に質問したところ、やはりこちらの先生は油脂をなるべく使わないようにしていること、
おなじ生地から成形を変えるだけでもいろんなパンになるということで
気軽に楽しんでもらえるように配慮した、という返答が帰って来ました。
・・・・まあ、それはそれでありかもしれないけれど
「世界のパンを学ぶ」というスタンスからだったらぜひとも現地のものに近い配合を
教えてもらえた方が嬉しかったかも。
ちなみに、他の先生方が担当しているレシピはどれもちゃんと違います。

b0141229_1401525.jpg

それからこちら、手前の二つはジュジュちゃんが作ったパンです。
こねこね、大好きで見つかると飛んで来ます(笑)
彼女の手は温かくて湿っていて、ジュジュちゃんがこねると
私のものより確実に柔らかく仕上ります。
温度や湿気でパンの生地の感触ってやっぱりかわってくんだと実感。
このスミットの奥の私が作ったものの成形もテキストのものとは全く違い、
ネットで見つけたレシピからです。
というより、ネットに載っていたのはどれもこのねじってリングにするものでした。
テキストのは、細長い輪の形にしてちょっとつぶして胡麻をまぶす、
どちらかと言うと馬蹄に近いイメージというか楕円のリング状のもの。
ジュジュちゃんがつくったもののほうがテキストに近いかな(笑)
形くらいはテキスト通りに、とも思ったのだけど
ねじってリングにしてあるほうが断然可愛かったし、これが主流ならやっぱりこっちかな、
と、私はこのかたちにしちゃいました。

自家製酵母の世界のパンのレシピについては、
前述のとおり若干私としては不満があるものの、「まったく同じ配合」だったからこそ疑問に思っていろいろ調べてみたし、そのおかげてそれぞれのパンをテキストより詳しく掘り下げて知る事もできたしそれはそれで良かったかも。
ちょっとずつ違ってたらきっと鵜呑みにしたままで調べようともしなかっただろうし、ね。
同じパンでもちょっとずつ違う配合というのはもちろんあるし、それが当たり前なのだけどこうやって「スミット」とかで調べると微妙な分量の違いはあってもやっぱり主に入っているものはほとんど同じで、
「なるほど、やっぱりこのパンはこういう組み合わせから作るのが主なんだ」
っていうのがよくわかります。
やっぱりパン作りって面白いなあ。



おいしそ〜、って思ったらぽちっ、とクリックしてくださ〜い♪
はげみになります↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ  
ブログランキング ドット ネット
FC2 Blog Ranking*おやつ・スイーツランキング
↑とっても素敵なレシピがたくさん!

[PR]
by fufulife | 2009-10-26 14:10 | リッチなパン

ドイツのパン・カイザーゼメル

b0141229_1643469.jpg

世界のパンシリーズ、第六弾はドイツの「カイザー・ゼメル」です。
カイザースタンプでぎゅっと付ける印が特徴のこのパン、
カイザー・ゼンメルともいいますね。
これには、「ブローチェン」という別名もあるようです。
やっぱりパンといえばフランスやドイツのものが種類も多いみたいです。
ドイツのパンと言えば前回のライ麦パンのように、ライ麦のもので
黒いパンが有名だけど、これは朝食用の白いパン。
ライ麦パンはおかずと一緒に食べるのに向いてますもんね。
カイザー・ゼメルは「皇帝のパン」を意味するそうで、独特のあの模様は
王冠を模したという説があるそうです。
なるほど、王冠に見えるかも!!

b0141229_1694519.jpg

外はぱりぱりで中はふわふわ、フランスパンのイメージに近いかな。
バゲットなんかは気泡がぼこぼこ、のイメージだけど
これはしっかりこねるので、きめが細かくてしっとり、という感じでした。
水平に切ってハムやチーズを挟んで食べるのもおいしいとのことでしたが
なるほど、これはサンドにも向いていますね。
トッピングしたごまもいい風味でおいしい!!
お気に入りになっちゃいました。
以前から欲しかったカイザースタンプ、これを気に、
お値段お手頃なのを見つけちゃったので買っちゃいました。
お箸などでぎゅっとおして跡をつけても、ってあったけど
やっぱりこういう道具があるとフンイキでますよね。
けど、もっと思い切ってぎゅっと押してもよかったみたい。
思っていたより、ホイロで浮き上がって来て想像していたのと
模様の出方が違っちゃいました。
もっときれいにくっきりでるといいな。

おいしそ〜、って思ったらぽちっ、とクリックしてくださ〜い♪
はげみになります↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ  
ブログランキング ドット ネット
FC2 Blog Ranking*おやつ・スイーツランキング
↑とっても素敵なレシピがたくさん!

[PR]
by fufulife | 2009-10-19 16:15 | リーンなパン

スイスのパン・ビューリ・ブロート

b0141229_14423738.jpg

「世界のパンシリーズ」第五弾はスイスより、ビューリ・ブロート。
これは、昔スイスの修道院で古く、固くなったパンを
砕いて新しい生地に混ぜ込んでから焼いていたものらしく、
パン粉を入れて作るパンです。
レシピには、「パン粉」の部分が、「固くなったパンを砕いて作っても」
とあったので、せっかくだから、昔ながらの方法にならって
以前焼いたパンをフープロでパン粉状に砕いてから混ぜ込みました。
自分で固いパンを砕いたので細かいものもちょっと大きめのものもありましたが
焼き上がったものは、しっとり、もっちりとして
固いパンを入れたとは思えない焼き上がり。
なるほど、昔の知恵の賜物、なんでしょうか。

b0141229_14471986.jpg

実はこのパン、前回フーガスを焼いた時に
「色がつきにくかった」と書きましたが、これもほとんど色がつきませんでした。
あまり焼き込みすぎると固くなってしまうのでそこそこでやめましたが
どうしてもしらけた焼き上がりになってしまいました。
夕方撮ったので写真はちょっと焼き色がついて見えますが
実際はもっともっと薄かったのです。
講座の方に焼き色の付かない原因として問い合わせたら
「発酵過多」もしくは「ホイロ過多」ではないかと言われたので
今回は、レシピのものより発酵もホイロもかなり甘めでとったのだけど・・・・
やっぱり白い焼き上がりになってしまいました。
うちのオーブン、どっちかというと焼き色付きすぎる方で
いつもは白パンがこんがりきつね色になったりするんだけどなあ・・・
普通は、レシピより10℃くらい温度を低めに設定して焼いていいくらいなんだけど
これはレシピ通りの温度から、さらに20℃くらい上げても色がつかなかったの。
う〜〜〜〜ん、謎は深まるばかり。
最初はヨーグルト酵母のせいなのかと思ったのだけど
同じ酵母で作ったプチパンもイングリッシュマフィンも
ちゃんと色付いたし。。。。。
色がつかなかったのは、テキストの中でもおなじ先生のレシピのもの。
原因不明なので、おなじ先生の他のものも試してみよ。


おいしそ〜、って思ったらぽちっ、とクリックしてくださ〜い♪
はげみになります↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ  
ブログランキング ドット ネット
FC2 Blog Ranking*おやつ・スイーツランキング
↑とっても素敵なレシピがたくさん!

[PR]
by fufulife | 2009-10-16 14:54 | リーンなパン

へなちょこパンとパンマイスター

b0141229_14102628.jpg

さてさて、ものすごいへなちょこなパンの写真で恐縮ですが
自分への戒めのためと、初心を忘れないために(笑)
アップする事にしました。
これまで完全に自己流で本を見たり、ネットを見たり
自分で勝手に配合や作り方を変えてみたりと
勝手なパン作りを数年続けて来ましたが、
思い描くようなパンを焼けなくてジレンマに陥ったりしながら
かといってちゃんと習いに行く時間もなく、
消費が追いつかずに同じパンを続けて焼く事もできずに
練習も研究もいまいち曖昧に続く日々が続き、
でもなんとかしたいと思っていて・・・
そんな時、通信教育でパンが学べるコースがあることを知りました。
通信なんて、どのくらいできるようになるのかちょっと不安な所もあるけれど
DVDなどでプロの技を見る事ができるし、質問もいくらでも受け付けてくれるとの事。
最終的には「パンマイスター」の資格を取得できると言う事で
いつまでもぐじぐじ思い悩んでいても上達しないし、
ここは思い切って踏み出してみる事にしました。

しばらくはテキストに添ってパンを作ってみるつもりです。

More へなちょこパンっていうのは・・・
[PR]
by fufulife | 2009-06-01 14:32 | リッチなパン